香港・マカオ格安旅行
ネットで見つけた、3万円で行かれる3泊4日 香港・マカオ格安旅行。 なんと!国内」旅行より安い!安いという言葉に弱い私は早速申し込み。今回は、夫の病気回復記念? 海外旅行の足ならしなんて理由はいりませんね。ただ たんにどこでもいいから、海外に行きたい私でした。

1日目
福岡空港を19時40分出発 釜山で、乗り継ぎ空路マカオへ ここで現地の方と会いホテルへ
この日はマカオ泊

2日目
3泊4日といっても、観光は2日です。 現地添乗員の方に言わせると、こんなハードなツァーは、初めてとの事… 皆さん よく参加されましたね! ここでちょっと不安??
今日は午前中マカオ市内観光で午後より高速船にて、香港にいきます。マカオの方を、ゆっくりみたかったのですが、これもしかたないのかな!

b0011439_19415656.jpgb0011439_1942209.jpg


右は、聖ポール天主堂跡 17世紀のポルトガルの大聖堂の遺跡であり、マカオの最も有名な歴史的建築物のひとつ。 現在は1835年の火事により教会の前壁と階段だけが残されています。左は近くの住居


b0011439_19435782.jpgb0011439_19442529.jpg


商店街を歩いているとこんなこんなお店がたくさん 牛肉かな?
b0011439_19452676.jpg b0011439_19454317.jpg


セナド広場 世界遺産に指定されたマカオ歴史地区の中心に位置するセナド広場。ポルトガル統治時代の美しい石畳やパステルカラーの建物に囲まれ異国情緒満点です
b0011439_11383270.jpgb0011439_1946553.jpg


 仁慈堂                                旧城壁
b0011439_11521821.jpgb0011439_125427.jpg


マカオから香港へ高速船にて、約1時間あまり 着後ネーザンロードにて解散 自由行動です。
b0011439_19474466.jpgb0011439_194808.jpg


人気のシンフォニー・オブ・ライツ
b0011439_12374788.jpgb0011439_12445242.jpg



3日目
今日は香港市内観光で、夜に空港に向かいます

b0011439_19484959.jpgb0011439_1949426.jpg


黄大仙廟は香港で最も有名な道教寺院の一つです。道教独特のカラーである金黄色の屋根に、精細彫刻の仏像、赤い円柱を持つ雄大な姿は、中国の古典的な雰囲気が漂っています。賑やかな町の中にある静かな浄土のような所です
b0011439_19495311.jpgb0011439_19502763.jpg


b0011439_19512063.jpgb0011439_130519.jpg


女人街
b0011439_1303064.jpgb0011439_19513627.jpg


[PR]
# by himeka32 | 2013-11-30 18:50 |TOPに戻る
南イタリア・シチリア島へ
11月27日 いよいよ待ちに待った南イタリア・シチリア島旅行に出発です。美しい街並みや世界遺産に指定されている海岸線のアマルフイは、憧れです。

1日目
9時50分 福岡空港より上海へ2時間あまり 上海の時差は1時間 ここで乗り換えてイタリアローマまで時差の関係で、飛行時間は13時間あまり この日は  入国手続き後ホテルで宿泊

b0011439_1752087.jpgb0011439_1753040.jpg


2日目
ホテルを出て、ナポリへ3時間15分あまりバスにゆられて、着いたところこの日は、強風で予定されていたジェット船でのカプリ島へは、行けないとの事。目的のひとつカプリ島での青の洞窟観光も出来ないという事です。トホホ…     急遽カゼルタ宮殿へカゼルタ宮殿はナポリから約30キロ ここも王宮と庭園が世界遺産に登録されている

ナポリ王国のカルロ7世が建てた王宮外観                王宮の中
b0011439_1774426.jpgb0011439_17887.jpg


ヘラクレスの銅像                              柱廊                        
b0011439_14224360.jpgb0011439_1437193.jpg


最後に、キリスト生誕を表した世界最大のプレセピオ        天井
b0011439_17103312.jpgb0011439_14465792.jpg


夜のナポリ(旧市街地)                         夕食のピザ
b0011439_17122873.jpgb0011439_14592154.jpg


強風の為船が欠航ナポリ中央駅から列車に切り替えて、列者ごとフェリーで    地中海最大の島シシリア島へ

3日目パレルモ市内観光
フェリーから見たシチリア島                 この列車ごとフェリーに
b0011439_15122396.jpgb0011439_15141186.jpg


b0011439_1529898.jpgb0011439_19822.jpg


b0011439_1716491.jpgb0011439_17162490.jpg


                                       大聖堂バレルモ
b0011439_17172127.jpgb0011439_17175671.jpg



金色のモザイクのイエスキリスト      バロック形式のマリア様の礼拝堂                
b0011439_15472846.jpgb0011439_15543917.jpg


礼拝堂のテラスからサンモアの町並                礼拝堂の中庭
b0011439_17184924.jpgb0011439_1719847.jpg


4日目
シシリアのアグリジェントのホテルから出発カルタジローネ散策へ

アグリジェント の神殿  エルコーレ神殿15本のなか8本の円が残っている。
b0011439_1720256.jpgb0011439_17202095.jpg


シチリア島のほぼ中央辺りに位置カルタジローネへ
フレンドリーなイタリア人           サンタ・マリア・デル・モンテ教会
b0011439_1771433.jpgb0011439_17225131.jpg


サンタカテリーナ教会
b0011439_17161420.jpgb0011439_17253754.jpg


ギリシャ劇場
b0011439_1732252.jpgb0011439_1737359.jpg



5日目
今日は移動日で観光はなし。タオルミーナからメッシーナへ カーフェリーにてメッシーナ海峡をわたり南イタリアへバスにて6時間かけてアルベロベッロへ ホテルへ

6日目
世界遺産アルベロベッロのトウルッリ観光とマテーラのサッシ地区観光へその後ナポリにいきます。

青い空に白い家々が並び、まるでおとぎの国に来たような錯覚に陥ってしまうようなアルベロベッロ
b0011439_17262388.jpgb0011439_17264583.jpg


みやげ物屋の入口                  家の前で編み物をする老婦人b0011439_17274192.jpgb0011439_1728159.jpg


今でも普通の生活が営まれている住宅街「リオーネ・モンティ地区の家の中
b0011439_18305049.jpgb0011439_18314335.jpg


上に上がって見ました
b0011439_1728528.jpgb0011439_17291567.jpg


マテーラ 洞窟住居群として1993年に世界遺産に登録されています。
b0011439_1730990.jpgb0011439_17304937.jpg


  住居の中です                           現地ガイドさん
b0011439_17314372.jpgb0011439_18495558.jpg


夜はナポリの町
b0011439_1733635.jpgb0011439_17332273.jpg



7日目
世界一美しい海岸線と言われるアマルフイ海岸へ
b0011439_192585.jpgb0011439_1932413.jpg



8日目
今日は世界遺産ポンペイ遺跡観光後ナポリへ

b0011439_1734117.jpgb0011439_17343436.jpg


b0011439_19194224.jpgb0011439_19204320.jpg



ローマのスペイン広場にて
b0011439_17351625.jpgb0011439_1735381.jpg


[PR]
# by himeka32 | 2012-11-30 17:03 |TOPに戻る
ロシア紀行
ヨーロッパでもアジアでもないロシアという名の広々とした大地のほんの一部分を旅してきました。気候は、6月~8月は、夏で、夜11時頃まで、明るい白夜の季節でした。

1日目
午前中 福岡からソウルへ、 ソウルよりロシアのサンクトペテルブルグへ、時差は、5時間 9時間30分の飛行時間です。1日目と2日目は、サンクトペテルブルグ泊まりです。

2日目
今日の観光は、ロシアが誇る世界屈指のギャラリーエルミタージュ国立美術館観光です。ロシア皇帝の宮殿と膨大なコレクション 古代4000年に遡る古代エジプトのコレクションから、ヨーロッパ20世紀の巨匠マティスやピカサまで収蔵されていて、世界4大美術館のひとつです。美術館の中は、撮影OKでした。

美術館の中です。豪華なシャンデリア
b0011439_176618.jpgb0011439_17746100.jpg


王座の間                               ラファエロの回廊
b0011439_1793618.jpgb0011439_1795231.jpg



絵画の説明をするロシアのガイドさん              マチスの絵
b0011439_17211922.jpgb0011439_17232939.jpg



                                      ピカサの絵
b0011439_1724538.jpgb0011439_17253141.jpg


2階から下をみたところ                歴代皇帝かな?   
b0011439_17264960.jpgb0011439_17275945.jpg


                     ラファエロ回廊は回廊そのものが芸術品
b0011439_17291667.jpgb0011439_1952774.jpg


デカブリスト広場のピヨトール大帝騎士像          エカテリーナー一世
b0011439_19485074.jpgb0011439_1949213.jpg


対岸から見たペトロパプロフスク要塞  ネヴァ川に架かる橋夜は跳ね橋となる
b0011439_19515161.jpgb0011439_19521578.jpg


巡洋艦オーロラ                       高校生の卒業記念写真
b0011439_19535489.jpgb0011439_19543133.jpg


写真を撮ってもいいと聞いたら、ポーズを!        めずらしいモニメント
b0011439_19551042.jpgb0011439_19552770.jpg


聖イサーク寺院               レストランの入り口にあったモニメント
b0011439_2025923.jpgb0011439_20465886.jpg



3日目
今日は世界遺産 エカテリーナ宮殿観光です。
宮殿の名前は、ピョートル大帝の后でもあった、第2代ロシア皇帝エカテリーナ1世に由来しています。エカテリーナが、夏の避暑用の離宮として1717年に作らせたのが最初のもので、その後、第4代ロシア皇帝アンナ増築させ広くて豪華な宮殿です。

b0011439_19502556.jpgb0011439_19503469.jpg


中はこんな感じです。
b0011439_19513250.jpgb0011439_1952045.jpg



b0011439_19531840.jpgb0011439_1954984.jpg


ピョートル大帝の夏の宮殿 (ペトロドヴァレツ)
海を愛したピョトール大帝が、フインランド湾を望む地にフランスのヴエルサイユ宮殿をモデルにして、建設さした建物で園内には、約150の噴水と4つの滝が、あります。

b0011439_19551349.jpgb0011439_19554551.jpg


大宮殿
b0011439_19562672.jpgb0011439_19564279.jpg


噴水口を踏むと水が噴き出す仕掛けの噴水    一緒に写真は有料です。
b0011439_19573588.jpgb0011439_19575994.jpg


街のカフエテラス                      コヒーカップの中?
b0011439_19585982.jpgb0011439_19593845.jpg


寝台列車で、モスクワへ       一等車のグランドエクスプレスの中です。
b0011439_200176.jpgb0011439_200337.jpg


4日目
モスクワまで、列車に乗ること9時間30分 でも寝ていかれるのだから、楽です。8時半に到着した後、バスに4時間乗り世界遺産ウラジミール観光です。、モスクワ郊外の「黄金の環(ザラトーエ・カリツォー)」と呼ばれていてウラジーミル・スズダリ公国の首都です。「黄金の環」は、中世ロシアの景観を残す古都が円形状に点在していることからこう呼ばれているそうです。町のシンボルになっている「黄金の門」は、城壁に囲まれた町の入口でした。

  
黄金の門                      ウスペンスキー聖堂
b0011439_1652376.jpgb0011439_16532032.jpg


ロジェストヴェンスキー聖堂
b0011439_16541534.jpgb0011439_16544553.jpg


花嫁さんと出会いました。 
b0011439_16553142.jpgb0011439_16554631.jpg



5日目
スズダリからバスにて世界遺産セルギェフ・ポザード観光へ

b0011439_16181914.jpgb0011439_16183484.jpg


ロシアで有名なマトリョーシカ工房へ              絵付け体験
b0011439_16191716.jpgb0011439_1619337.jpg



b0011439_16203745.jpgb0011439_1621574.jpg




b0011439_1622369.jpgb0011439_16224562.jpg



トロイツェセルギエフ大修道院高さ88メートルをほこる白と青のバロック式鐘楼>
b0011439_16232616.jpgb0011439_16234430.jpg



大修道院の中                    トロイツェセルギエフ大修道院
b0011439_162443100.jpgb0011439_16245924.jpg


サーカス鑑賞                        入り口はこんな感じです
b0011439_16254669.jpgb0011439_1626415.jpg



6日目
モスクワにて
ホテルから見たモスクワの街並み             ホテル近くの風景
b0011439_18533091.jpgb0011439_18534555.jpg


高さ76mのトロイッカヤ塔                  大砲の皇帝
b0011439_18551419.jpgb0011439_1855477.jpg


ウスペンスキー大聖堂
b0011439_18561598.jpgb0011439_18563617.jpg


 赤の広場 馬上の兵士           美しき赤の広場の レーニン廓b0011439_18573413.jpgb0011439_1858525.jpg


聖ワシリー寺院 
b0011439_18584957.jpgb0011439_18591057.jpg


 
赤の広場にあるグム百貨店をぶらぶらしてみました。    
b0011439_190917.jpgb0011439_1902411.jpg


[PR]
# by himeka32 | 2012-06-30 13:47 |TOPに戻る
悠久の歴史に思いを馳せて インドへ
日本では、寒い1月 熱帯の国というイメージが私の中にあるインドも少しは、過ごしやすいのではと思い、6日間のツァーで行ってきました。 インドに行った人は人生観が、変わるとか聞いた事もあります。興味深々ですがまあツァーだとそこまで深くかかわる事は出来ないとは思いながら…ちなみにインドは中国につづいて、人口が、世界2位(11億人以上)だそうです。

1日目
朝 9時30分に日本出発 上海まで1時間半のなのですが、上海からインド デリー空港までの出発時間3時間待ちで、その飛行機の到着が、2時間遅れて計5時間あまり待たされる事に!でもインドでは、おおげさにいうと待つ事ができないと、生きていけないかもですね!日本から上海までの時差1時間。上海からデリーまで時差2時間半で合計3時間半の時差です。 この日は現地時間21時に空港着で、それからホテルにて、遅い夕食で終わりました。

2日目
昨日が遅かったので、この日は11時45分にホテルを出発して、デリーを観光して、空路ベナレスに向かいます。インドは熱いかなと思って服装も薄着支度をしていたのが、間違いで、日本の3月ぐらいの気候で、ダウンが手放せない日々でした。ところが飛行機がまた2時間遅れて、この日の観光予定 サルナートのダメーク・ストゥバー(ブッダ初説法の地)とアシヨカ王石柱は見る事ができませんでした。またムルガンダクテイ寺院はぎりぎり入館時間に間に合いましたが、帰りは真っ暗というありさまでした。

世界遺産クトゥブ・ミナール(全長72.5mの5層からなるインドで最長のミナレット)
b0011439_10185897.jpgb0011439_10191737.jpg


クワットアル・イスラムマスジット(ヒンドゥ教寺院を壊しその素材を使用して造った寺院
b0011439_10222225.jpgb0011439_103912.jpg


                        
                                   インドの中学生かな           b0011439_6473336.jpgb0011439_6462613.jpg


インドでは高級なコンビニ?     店内の様子 あまり安くはなかったです
b0011439_6491145.jpgb0011439_6493984.jpg


デリー空港               ムルガンダ・クテイ寺院の金色に輝く本尊
b0011439_6505753.jpgb0011439_6552296.jpg


夜のムルガンダ・クティ寺院                  寺院の入り口
b0011439_6525323.jpgb0011439_6532019.jpg



シルク工場見学して…       工場で働く人
b0011439_6571090.jpgb0011439_6573134.jpg



3日目
朝5時ごろホテルを出てガンジス河の日の出と沐浴風景を見に行きました。昨日はガンジス河岸のガート(沐浴場)で、行われるヒンドゥ教の祈りの儀式「アールテイー」を時間がなくて、みられなかったので、今日いよいよ旅の目的でもある、ガンジス河にいけるので、はりきって早起きです。

まだ暗いうちから賑やかなガンガー周辺
b0011439_1011041.jpgb0011439_1012728.jpg


早朝 インド全土から巡礼におとずれて人々
b0011439_1042631.jpgb0011439_1043852.jpg



物売りの少女                聖水を汲む人沐浴で全身を清める人も
b0011439_1054130.jpgb0011439_106573.jpg


川沿いに立ち並ぶ大小のガード(100以上の建物があると言われ400~500年前の建物が並んでいる)   手漕ぎのボートは岸沿いをゆっくりと往復している
b0011439_1071429.jpgb0011439_1073382.jpg


ガード付近                          たくさんの手漕ぎボート
b0011439_1082465.jpgb0011439_1084043.jpg


ガンガー(ガンジス河)へ向かう人々   荷物を頭の上に乗せて運ぶ人も
b0011439_10112677.jpgb0011439_1012060.jpg


                            ミルク売り
b0011439_10141012.jpgb0011439_10143454.jpg


牛がどうどうと街中を闊歩していていたるところにフンが…
b0011439_10154313.jpgb0011439_1016745.jpg


                    ベナレスからアグラへ列車の駅
b0011439_10172126.jpgb0011439_10175296.jpg


なんとなんと駅でまた3時間も待たされました。 ところがこれは普通らしい! 線路には糞が落ちていてびっくりです。 トイレがないと言われまたびっくり!
b0011439_1019327.jpgb0011439_10192383.jpg


列車が遅れる割には停車時間が短くて、うかうかすると置いていかれそうです。 列車の中で向かい側にすわっていたインドの子ども 可愛かったです。ことばはわからなくてもなんとなく言ってる事はわかったような?
b0011439_10201145.jpgb0011439_10202798.jpg


4日目
この日は、アグラ市内観光です。 世界遺産タージ・マハールは、皇帝が亡くなった王妃のために建てた霊廓で、22年という長い歳月をかけて建てられた大理石の墓には皇帝シャー・ジャハーンの棺も安置されているそうです。
世界遺産アグラ城(歴代皇帝の居城対岸にはタージ・マハール城がたたずんでいる)アマル・シン・ゲート
b0011439_12125262.jpgb0011439_1213924.jpg


ジャハンギール宮殿(アクバル帝が息子のジャハンギールのために建てた宮殿)
b0011439_12145643.jpgb0011439_1216656.jpg


         ムサンマン・ブルージュ(シャージャハン帝が建てた愛妃の居室)
b0011439_12165272.jpgb0011439_1217291.jpg


マッチ・バワンの奥は貴族専用の純白モスクが!デイワニ・アーム(皇帝が一般市民と謁見するための建物)b0011439_1218991.jpgb0011439_12182683.jpg


タージ・マハール城の入場待ち風景   メインゲート(赤砂岩でできた正門)
b0011439_12195622.jpgb0011439_12201950.jpg


タージ・マハール城              マハール城から正門側を見て
b0011439_12212410.jpgb0011439_1221467.jpg


ミナレット(モスクに付随する礼拝告知用の塔)
b0011439_12224333.jpgb0011439_1223897.jpg


大理石工場で働く人   ファテープル・シークリーの緑が広がる一般謁見の間でお昼寝をする人々
b0011439_1224739.jpgb0011439_122427100.jpg


1571年ムガール帝国第3皇帝のアクバルが遷都先として選んだ政治の要衛アグラと聖地アジメールとの間にある小さな村。
b0011439_12253491.jpgb0011439_12255098.jpg


パンチ・マハール(最上階のドームに向かって4つのフロアが重なる5重の塔。 ひなたぼっこの人
b0011439_12264234.jpgb0011439_12265971.jpg


デリーへ向かうバスの中からの風景
b0011439_12272174.jpgb0011439_12273658.jpg


5日目
最後の観光地デリー市内と郊外へ
b0011439_12295592.jpgb0011439_1230778.jpg


バスの中から見たデリー市内
b0011439_1231483.jpgb0011439_12312497.jpg


オールドデリー(デリーの昔ながらの風景が残るところ)
b0011439_12321933.jpgb0011439_12323649.jpg


昔なつかし三輪車?                2007年に世界遺産に登録されたラール・キラー(赤い砂石でできていることからラール赤いキラー城と言われる
b0011439_12334591.jpgb0011439_1234429.jpg


フマーユーン廟の西門       世界遺産フマーユーン廟(タージマハールの原型となったムガール建築の傑作
b0011439_12345160.jpgb0011439_1235460.jpg



b0011439_12354622.jpgb0011439_1236047.jpg


あっという間に過ぎた6日間 行く前は絶対下痢をするとかいろいろいわれたのですが、ツァーの全員そんな事もなく、少人数の楽しい旅でした。ただ清潔とは言えませんでしたけれど…できるならもう一度ヨガの聖地リシケシュとガンジス河付近でゆつくりと過ごしたい。 でもツァーでは無理ですね。
[PR]
# by himeka32 | 2012-05-16 11:19 | インドへ |TOPに戻る
イギリス(ロンドン)5日間の一人旅
日本中は一人うろうろ平気な私ですが、英語が出来ない私には、国外はあきらめムードでいたのですが、ツァーならなんとかなると思い参加してみる事にしました。6月の薔薇の季節に行きたかったイギリスですが、少し遅い時期の7月参加 やはり美しい薔薇には、おめにかかれませんでした。でも思ったよりも不安感はなく、途中で旅友達も出来て楽しく過ごす事ができました。5日間といっても2日間は飛行機の中なので、3日間の見学です。

1日目
朝09:50分福岡空港出発 上海経由で、ロンドンへいきます。ロンドンとの時差は、ロンドンが、日本より9時間遅れです。22時頃ホテルに着いたのですが、なんとミスで、予約がとれていませんでした。ツァーの人数は20数名です。ヨーロッパは、ちょうど夏休み期間中で、家族連れが多くて、同等クラスのホテルは、空きがないとの事なのです。1時間ほど、またされて2ランクくらい上のホテルに ツァーでは絶対に泊まれないホテルらしいのです。 しかもここもいい部屋しか空きがなく一人できていた私はもう一人の女性と一緒に、スイートに泊まれる事に…しかも3連泊です。ラッキーでした。

ホテル室内 3部屋あります。            ロンドンの地下鉄
b0011439_10404133.jpgb0011439_10411086.jpg


2日目 ウエストミンスター寺院 2つの塔がそびえる英国王室とゆかりの深い
         ゴシック建築の教会。ダイアナ妃の国葬もここで行われた
b0011439_10552096.jpgb0011439_10554728.jpg


 時計塔ビックベンで知られる国会議事堂
b0011439_10561459.jpgb0011439_10563180.jpg



大英博物館(世界最大級の収蔵品を持つ、世界一有名な博物館。
b0011439_1057638.jpgb0011439_10572112.jpg



b0011439_10574255.jpgb0011439_10575824.jpg


ロンドンの街並み              美術館前の広場から
b0011439_10581910.jpgb0011439_10585041.jpg


ロンドンのトラファルガー広場に位置するナショナル・ギャラリー美術館
b0011439_10593145.jpgb0011439_12285959.jpg


タワーブリッジ すぐそばのホテルだったので、散策
b0011439_110915.jpgb0011439_1102975.jpg



3日目
ロンドンから3時間あまりバスにゆられて、ストラトフォードアポンエンボンへ
ここは、劇作家ウイリアム・シェイクスピアゆかりの地です。
b0011439_111512.jpgb0011439_1112856.jpg


b0011439_112694.jpgb0011439_1122496.jpg



b0011439_1124995.jpgb0011439_113462.jpg


豊饒な田園と蜂蜜色の家並みが見られるコッツウオルズ地方
ロンドンから、西に約200㎞、丘陵地帯に小さな村が点在し、絵画のように美しい田園風景が広がっています。イングランドで、最も美しい村と言われる「バイブリー」もあります。
b0011439_1133674.jpgb0011439_1135926.jpg



b0011439_1143784.jpgb0011439_115313.jpg



b0011439_1153135.jpgb0011439_1155030.jpg


4日目
夕刻の出発まで、フリーだったので、ウインザー城観光にいきました。お城はイギリス王室の所有で、エリサベス女王が、週末を過ごされるそうですが、この日は残念ながら英国国旗が揚げられていて、それが不在のしるしだそうです。
b0011439_116839.jpgb0011439_1162439.jpg



b0011439_1164493.jpgb0011439_1165771.jpg


[PR]
# by himeka32 | 2011-11-07 20:21 | イギリス5日間の旅 |TOPに戻る
利尻・礼文島の旅
ずいぶん前から、利尻島・礼文島の花咲く季節に行ってみたいと、願っていたのですが、今年やっと行く事ができました。 花の季節には、6月は少し遅かったのですが、今年の寒さで、時期遅れで、たくさんの花が咲いていました。

1日目
福岡から新千歳空港に行き、それからバスにて稚内へ、駅の近くのホテルに 宿泊です。
ホテルから見た稚内の街並み             日本最北端の稚内駅
b0011439_1811891.jpgb0011439_1842482.jpg


2日目
2日目はホテルを早朝に出発して稚内港から、ハートランドフェリーに乗り礼文島へ…礼文島は2万年前まで大陸との陸続きだったと言う。それが氷河期が終わるとともに海水面が上昇して離島になったのだそうだ。花の島ともいわれるそうです。

紺碧の海が広がるスカイ岬(澄海岬)にむかいます。 礼文島の西西部にある岬で、名前のように透明度が高いので、湾内は海の底まで、見渡せるそうです。
b0011439_1830121.jpg
b0011439_1831367.jpg



スコトン岬(利尻島最北限の岬です)晴れた日には、サハリンの島影が現れるそうです。 b0011439_20255361.jpgb0011439_20264334.jpg


スコトン岬で咲いていた花

b0011439_20363067.jpgb0011439_20365814.jpg



フラワーガイドさんが同行して桃岩展望台にフラワハイキングへ   桃岩
                              桃の形に似た巨大な奇岩                               
b0011439_20484695.jpgb0011439_20492176.jpg


b0011439_21201160.jpgb0011439_21204172.jpg


b0011439_21222924.jpgb0011439_21233694.jpg


展望台までの花々
b0011439_20512414.jpgb0011439_20514963.jpg
レブンアツモリソウ
b0011439_20532383.jpgb0011439_20534913.jpg


キジムシロ
b0011439_20585052.jpgb0011439_2111299.jpg



b0011439_2141033.jpgb0011439_215986.jpg


礼文島香深港から14時過ぎに出て利尻島沓形港にむかいました。

仙法志御崎公園 利尻最南端にある公園 利尻山から流れた溶岩から成る 奇岩・怪石が連なる独特の風景です。
b0011439_2118150.jpgb0011439_2139727.jpg



オタトマリ沼は利尻富士の絶景を見る事が出来赤エゴマツ原始林に囲まれる沼です。
b0011439_21394785.jpgb0011439_214011100.jpg


利尻富士           南浜湿原は高山植物の宝庫
b0011439_11375178.jpg          b0011439_21434693.jpg


b0011439_21452714.jpgb0011439_2146126.jpg


湿原に咲いていた花々
b0011439_21474676.jpgb0011439_21481770.jpg


b0011439_2150739.jpgb0011439_21521421.jpg



3日目
3日目は、ホテルを早朝に出発して、鷲沼港から、稚内港へ、

宗谷丘陵(北海道遺産に認定された丘陵)      日本最北端の宗谷岬
b0011439_11564272.jpgb0011439_11571385.jpg


銀河・流星の滝(美しい峡谷の中の滝です)
b0011439_11592489.jpgb0011439_1211779.jpg


[PR]
# by himeka32 | 2011-06-26 17:41 | 利尻島・礼文島の旅 |TOPに戻る